創エネルギー・畜エネルギー・省エネルギーの「あいであ工房」 ソーラ電源とLED光源を応用したアイデア商品を手作り、販売しております。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログリンク
【あいであ工房ショップ】

ベランダでソーラー発電に挑
戦してみませんか!
家庭菜園を楽しむ感覚で太陽
光を採取し、エネルギーの重
要性を一緒に考え、体験して
みませんか?
新しい用途のご提案、異業種
とのコラボレーション等大歓
迎です。
看板製作、レンタル、リ-ス、
セキュリティ、カー用品 等


手作りソーラー応用商品

ソーラー電源システム02
20,000円(送料別)

ソーラー電源システム03
30,000円(送料別)

ソーラー電源システム05
50,000円(送料別)

ソーラー電源システム07
70,000円(送料別)

節電・停電対応電源
38,000円(送料別)

ソーラー・バッテリー・
チャージャー
8,800円(送料別)

ソーラー電源看板システム
避難場所表示看板

ソーラー電源看板システム
トイレ案内看板

ソーラー電源看板システム
ウエルカムボード

ソーラー投光器システム

ソーラー防犯灯システム

LED内照看板

ウエルカム・ボードCTS01
60,000円(送料別)

ウエルカム・ボードCTS01使用事例

ふらわ~らいと

新聞広告

つもりちがい10ヶ条
①高いつもりで低いのが教養
②低いつもりで高いのが気位 
③深いつもりで浅いのが知識 
④浅いつもりで深いのが欲望 
⑤厚いつもりで薄いのが人情 
⑥薄いつもりで厚いのが面皮
⑦強いつもりで弱いのが根性 
⑧弱いつもりで強いのが自我
⑨多いつもりで少いのが分別
⑩少いつもりで多いのが無駄

二人同心会
俳句・川柳しりとり
人生いろいろ
流星の写真俳句メモ
切り文字屋オッケイ
晴れの邦
みちくさ
今城ネオン製作所
YaHooロコ
ドロップショッピング
基山町ホームページ
きやまんネット
基山町社会福祉協議会
基山町立図書館

お気に入りブログ
カテゴリ
最新のコメント
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:命を見つめて( 3 )
人騒がせ
c0051874_12343112.gif「しなさんなッ! 灸をすえられ 警告だ~」 ほっさん

人騒がせも程々に…。

偽イチロー連行されちゃった!インプレーの打球キャッチ スポニチアネックス 8月4日(木)7時0分配信

 背番号51が連行された!?イチロー外野手(37)と松井秀喜外野手(37)が対戦した2日(日本時間3日)のマリナーズ―アスレチックス戦で、世にも珍妙なアクシデントで試合が一時ストップした。

 マ軍攻撃中の3回2死。一塁線を抜く打球が右翼ファウル地域に転がると、観客席から「もう一人のイチロー」が身を乗り出してインプレーの球を拾い上げてしまった。あ然とする両軍選手、騒然となるスタンド。その結末は――。

 一塁ベンチにいるはずのイチローが、警備員に連行されていく。エエッと誰もが驚いた。3回2死。一塁手のミットをはじき、ファウルゾーンに転がってきたアクリーのインプレーの打球を、一塁側席の最前列からグラウンドに身を乗り出してキャッチ。テレビ中継のアナウンサーも「何てこった!イチローがやっちゃったよ!」と絶叫した。その正体は、全身ユニホーム姿で本人になりきっているイチローのそっくりさん、ストリートパフォーマー兼俳優の今村健太(32)だった。

 「完全にファウルだと思って、子供にボールあげようとしたんですけど…。こんな形でテレビに映りたくなかったです。すみません」。周囲のファンから猛烈なブーイングを浴びる中で客席から連れ出され、通路で5人の警備員に取り囲まれて事情聴取を受けた。

 インプレーの打球を観客が捕れば、その人物は「退場」。米国人ファンなら誰もが知る慣例、常識だ。しかし自称「ニッチロー」には救いの手があった。チャック・アームストロング球団社長から「今回は警告。今度やったら出入り禁止」との「恩赦」。社長夫人が「彼は何も知らなかった。退場させるべきではない」とかばったのだという。先月29日のレイズ戦でも試合前のものまねパフォーマンスでファンを沸かせ、5戦連続で観戦。その姿が好意的に受け入れられたのかもしれない。「釈放」された今村は「持ってますね。ラッキーです。でも戻るとブーイングが起きるんじゃ…」と恐縮しきりだった。

 打ったアクリーは、すでに二塁を回っていたとの判定で三塁打に。「ビデオを見たら、打球を捕ったのがイチローだったね。凄く似てたよ」と無邪気に喜んだ。エリク・ウェッジ監督は「あの場面は見逃してしまった」と残念そう。左翼を守っていた松井は「その人が手を出して止めたの?やってくれるね。面白いじゃん」と大笑いだった。

 「偽者」がお騒がせの中、本物のイチローは4打数無安打。打率は・2638まで下がり、2644の松井に抜かれた。11年連続200安打へは残り53試合で81本。こちらは珍プレーではなく、驚異的な巻き返しでファンを沸かせたい。
[PR]
せんこっちゃあ
c0051874_17241764.gif「せんこっちゃあ 電源切るとは 卑怯なり~」 ほっさん

インターネットも電話も使えんと思うとったら、あんた電源引っこ抜いとったろうッ!
[PR]
命を見つめて
2005年1月15日付け、西日本新聞より抜粋

がんと闘い、昨年9月に13歳で亡くなった福岡県大牟田市の田隈中学二年猿渡瞳さんが闘病中に綴った作文

みなさん、みなさんは本当の幸せって何だと思いますか。実は、幸せが私たちの一番身近にあることを病気になったおかげで知ることができました。それは、地位でも、名誉でも、お金でもなく「いま、生きている」ということなんです。
 私は小学六年生の時に骨肉腫という骨のガンが発見され、約一年半に及ぶ闘病生活を送りました。この時医者に、病気に負ければ命が無いと言われ、右足も太ももから切断しなければならないと厳しい宣告を受けました。初めは、とてもショックでしたが、必ず勝ってみせると決意し希望だけを胸に真っ向から病気と闘ってきました。その結果、病気に打ち勝ち右足も手術はしましたが残すことができたのです。

 しかし、この闘病生活の間に一緒に病気と闘ってきた十五人の大切な仲間が次から次に亡くなっていきました。小さな赤ちゃんから、おじいちゃんおばあちゃんまで年齢もさまざまです。厳しい治療とあらゆる検査の連続で心も体もボロボロになりながら、私たちは生き続けるために必死に闘ってきました。

 しかし、余りにも現実は厳しく、みんな一瞬にして亡くなっていかれ、いき続けることがこれほど困難で、これほど偉大なものかということを思い知らされました。みんないつの日か、元気になっている自分の思いを描きながら、どんなに苦しくても目標に向かって明るく元気にがんばっていました。

 それなのに生き続けることができなくて、どれほど悔しかったことでしょう。私がはっきり感じたのは、病気と闘っている人たちが誰よりも一番輝いていたということです。そして健康な体で学校に通ったり、家族や友達とあたり前のように毎日が過ごせるということが、どれほど幸せなことかということです。

 たとえ、どんなに困難な壁にぶつかって悩んだり、苦しんだりしたとしても命さえあれば必ず前に進んで行けるんです。生きたくても生きられなかったたくさんの仲間が命をかけて教えてくれた大切なメッセージを、世界の人々に伝えていくことが私の使命だと思っています。

 今の世の中、人と人が殺しあう戦争や、平気で人の命を奪う事件、そしていじめを苦にした自殺など、悲しいニュースを見る度に怒りの気持でいっぱいになります。一体どれだけの人がそれらのニュースに対して真剣に向き合っているのでしょうか。

 私の大好きな詩人の言葉の中に「今の社会のほとんどの問題で悪に対して『自分には関係ない』と言う人が多くなっている。自分の身にふりかからない限り見て見ぬふりをする。それが実は、悪を応援することになる。私には関係ないというのは楽かもしれないが、一番人間をダメにさせていく。自分の人間らしさが削られどんどん消えてていってしまう。それを自覚しないと悪を平気で許す無気力な人間になってしまう」と書いてありました。

 本当にその通りだと思います。どんな小さな悪に対しても、決して許してはいけないのです。そこから悪がエスカレートしていくのです。今の現実がそれです。命を軽く考えている人たちに、病気と闘っている人たちの姿を見てもらいたいです。そしてどれだけ命が尊いかということを知ってもらいたいです。

 みなさん、私たち人間はいつどうなるかなんて誰にも分からないんです。だからこそ、一日一日がとても大切なんです。病気になったおかげで生きていく上で一番大切なことを知ることができました。今では心から病気に感謝しています。私は自分の使命を果たすため、亡くなったみんなの分まで精いっぱい生きていきます。みなさんも、今生きていることに感謝して悔いのない人生を送ってください。

猿渡 瞳 さんのご冥福をお祈り申し上げます。<合掌>
[PR]