創エネルギー・畜エネルギー・省エネルギーの「あいであ工房」 ソーラ電源とLED光源を応用したアイデア商品を手作り、販売しております。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログリンク
【あいであ工房ショップ】

ベランダでソーラー発電に挑
戦してみませんか!
家庭菜園を楽しむ感覚で太陽
光を採取し、エネルギーの重
要性を一緒に考え、体験して
みませんか?
新しい用途のご提案、異業種
とのコラボレーション等大歓
迎です。
看板製作、レンタル、リ-ス、
セキュリティ、カー用品 等


手作りソーラー応用商品

ソーラー電源システム02
20,000円(送料別)

ソーラー電源システム03
30,000円(送料別)

ソーラー電源システム05
50,000円(送料別)

ソーラー電源システム07
70,000円(送料別)

節電・停電対応電源
38,000円(送料別)

ソーラー・バッテリー・
チャージャー
8,800円(送料別)

ソーラー電源看板システム
避難場所表示看板

ソーラー電源看板システム
トイレ案内看板

ソーラー電源看板システム
ウエルカムボード

ソーラー投光器システム

ソーラー防犯灯システム

LED内照看板

ウエルカム・ボードCTS01
60,000円(送料別)

ウエルカム・ボードCTS01使用事例

ふらわ~らいと

新聞広告

つもりちがい10ヶ条
①高いつもりで低いのが教養
②低いつもりで高いのが気位 
③深いつもりで浅いのが知識 
④浅いつもりで深いのが欲望 
⑤厚いつもりで薄いのが人情 
⑥薄いつもりで厚いのが面皮
⑦強いつもりで弱いのが根性 
⑧弱いつもりで強いのが自我
⑨多いつもりで少いのが分別
⑩少いつもりで多いのが無駄

二人同心会
俳句・川柳しりとり
人生いろいろ
流星の写真俳句メモ
切り文字屋オッケイ
晴れの邦
みちくさ
今城ネオン製作所
YaHooロコ
ドロップショッピング
基山町ホームページ
きやまんネット
基山町社会福祉協議会
基山町立図書館

お気に入りブログ
カテゴリ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
何処行くん?
c0051874_983334.gif「狭すぎる… そんなに急いで 何処行くん?」 そっぺ21

まあまあ、ちょこっと落ち着きんしゃい…。
 
時速1600キロ!地上最速スポーツカーの全貌
 (東洋経済オンライン 2015年09月27日掲載) 2015年9月27日(日)配信

 車体が突然燃え上がってしまう危険性がある時速1600km 超えのスピードでロケットスタートを切るのはどんな気分か、あなたは疑問に思ったことがあるだろうか。

 ならばブラッドハウンド(Bloodhound)を見るべきだ。

 この車は、世界最速かつ最先端を行く陸上車となるべく、半分はジェット機、半分はレーシングカーとして製作されている。

 ロンドンで公式発表を迎えた木曜日 (2015年9月24日)、エンジニアの1人が、これまでベールに包まれていた情報に至るまで、いろいろと説明をしてくれた。この車に搭載されているハイブリッドロケットもそのひとつだ。

 システムエンジニアのケヴィン・マレー氏は言う。

 「ハイブリッドロケットはこの車に欠かせないパーツです。いったん車が走り出しておおよそ時速563kmぐらいにまで達したら、今度はロケットが時速1600kmあたりのどこかに達するまで残った分を加速させるんです。」

 ブラッドハウンドには3つの動力源が搭載されている。

 酸化剤を供給させるジャガー (Jaguar) のV8エンジン、クラスター方式のハイブリッドロケットエンジン、そしてユーロファイター・タイフーン (Eurofighter Typhoon) からそのまま採用したロールスロイス (Rolls Royce) のユーロジェットEJ200である。

 炭素繊維、鋼、合金で仕上げられたその複雑な外装は、1分以内に時速1600kmから静止する急速な減速にも耐えられる仕様になっている。

 この車は静止した状態から55秒で時速1600kmへと加速できる。

 搭載されたジェットエンジンは、平均的な大きさの住宅なら3秒もかからず中の空気を吸い尽くしてしまう。

■科学者を目指す学生の増加に期待

 こうした一般受けする驚きの要素はともかくとして、プロジェクトディレクターのリチャード・ノーブル氏は、学生が将来エンジニアを目指すきっかけをこれで与えられればと期待を寄せる。

 「科学者やエンジニアの数が足りないという点では、イギリスには非常に深刻な問題があります。この原因は現実問題として小学校にまでさかのぼることができます。単純にそこでの教育が意欲を刺激できていないんです」

 1000万ポンド (約18億円) の価値を持つ車体は、やがて南アフリカの砂漠地帯に輸送される。

 南アフリカは、ジェット機の操縦士であるアンディー・グリーン (Andy Green) がこの車のハンドルを握る地であり、そして世界最速記録を塗り替えようとする地でもある。

 しかし、彼は辛抱強く待たなければならない。来年になって南アフリカへ行くまで、イギリスでこなさなければならない試験が数多く残っているためだ。
[PR]